借金を止めさせる方法はあるの?

■借金トラブルの内容
夫が何度も借金を繰り返すのですが、借金を止めさせる方法はありませんか?

■借金トラブルアドバイス
借金を止めるかどうかは本人の意思次第です。
よく家族や両親が借金を肩代わりするケースがあります。
それ自体は責められることではないですが、その場合には家族が直接金融業者と話して返済するのは止めましょう。
なぜなら、そのように家族が本人に代わって支払っても金融業者にとっては「本人が払えなくなっても家族が払ってくれるいいお客」となるわけです。
このような場合は、弁護士や司法書士に依頼して債務整理を頼んだほうがよいでしょう。
そうすれば弁護士が介入したということが記録に残りますから、通常の貸金業者であれば2度と貸さないでしょう。
しかし、家族だけで返済した場合は利息制限法を超える約定金利を支払うことになってしまいがちですが、弁護士等が介入すれば利息制限法に引き直した残元金だけを支払う交渉をします。
このような点から、弁護士等に依頼したほうがより有利に交渉ができるのです。

借金返済に精を出すサラリーマンのイラスト

借金返済・借金解決項目一覧

■お金の貸し方・借り方の法律
手形貸付とは何ですか?
日掛け金融の金利について
白紙委任状に実印を押してしまった場合
借金を止めさせる方法はあるの?
保険証券は担保になるの?
権利証は担保になりますか?
保証書制度はなくなったの?

■保証人になる前に
保証人の責任って?
連帯保証人と単純保証人の違いって?
役員は会社の債務の連帯保証になる必要があるの?
商工ローンの根保証って?

■お金の返し方・返してもらい方
金融業者が毎月の返済に領収書をくれない
夫の借金は離婚したら妻の責任はなくなる?
お金を貸した相手が自己破産してしまったら?
借主が会社の場合、社長の責任はどうなる?
小額訴訟はどんな制度なの?
返済が滞ったら給料は差押えられるの?

■借金の整理方法
アルバイトでも個人再生手続きを利用できる?
住宅資金特別条項ってどんなもの?
特定調停って?
住宅ローンの返済で多重債務に陥った場合

■ヤミ金・悪質金融業者への対抗知識
破産したらヤミ金融から勧誘された
登録業者だからといって安心できないの?
借りてもいない業者から督促が来た場合
ヤミ金業者への対処法は?

Copyright (C) 2006-2014 借金返済・解決ガイド All Rights Reserved.